老犬は熱中症対策は早めにやろう

年とともに気温にも鈍くなる

毎年夏になると高齢者の熱中症が問題になりますが、愛犬も実は暑さによって体力を奪われているかもしれません。


特に老犬になると人間の場合と同じで体温調節機能が衰え、さらに気温に対するセンサーも鈍ってくるため、どうしても熱中症にかかりやすくなってしまうのです。


よって、夏場や気温の高い日はお家の中でも外でも暑さ対策を早めに実施してあげることが大切です。


では、犬の場合の熱中症対策はどのようにすればいいのでしょうか?


基本的には人間と同じで、極力直射日光を避け、体温が上がらないようにすることです。


それでは具体的な方法や、注意すべき点について説明していきましょう。

具体的な対策方法は?

ではさっそく愛犬にできる熱中症対策の具体的な方法について、「屋内で飼っている場合」「屋外で飼っている場合」「散歩などの外出時」の3つに分けてそれぞれの方法を紹介します。


「屋内で飼っている場合」

一番効果的な熱中症対策はクーラーを付ける事です。気温はもちろん、犬は湿度が高いことも嫌がりますので、クーラーであれば除湿機能を使い快適な部屋を用意してあげることが出来ます。


ただ一人暮らしの方や共働きのご夫婦など、日中誰もいないご家庭はクーラーを付けたまま留守にする事に抵抗があるかもしれません。


その場合はせめて、一番室内の気温が高くなる13時から14時頃にクーラーが稼働するようタイマーをセットしておくのもオススメです。


それと併せて補助的に使いたいアイテムが、ペット用の冷却マットです。ペットショップやオンラインなどで豊富に販売されています。


また脱水症状を起こさないよう、充分な水を用意してあげる事も大切です。もし誰かが家に居る場合は、こまめに取り換えて常に綺麗な飲み水を用意してあげてください。


「屋外で飼っている場合」

直射日光で太陽の下に長時間居ると熱中症になる恐れがありますので、必ず風通しのいい場所に小屋を置き日陰を作ってあげてください。


飲み水も室内で置いておく以上に腐りやすくなる上、水分が蒸発して減りが早くなりますので、空にならないよう小まめに見てあげる事が大切です。


普段犬が過ごしているスペースがコンクリートの場合は、太陽の照り返しで温度が上昇し大変危険ですので、ウッドパネル等で地面の熱が直接伝わらないよう工夫してあげます。


また屋内で飼う場合にも少し書きましたが、ペット用の冷却マットは屋外犬にも有効です。屋内に置くよりは遥かに乾燥も早くなり取り換えの頻度は高くなりますので、飲み水同様細かくチェックしてあげる事が大切です。


猛暑日となるような日は、出来ればエアコンで温度調節した室内で過ごさせてあげて下さい。


「お散歩などの外出時」

日中はやはり太陽が一番高く暑いので、出来るだけ過ごしやすい早朝か夕方以降の時間にお散歩に連れて行ってあげてください。


また、アスファルトは放射熱により飼い主さんが思っているより非常に熱くなっているので、なるべくアスファルトの上を歩かせず草や土の上を歩けるように誘導してください。


お散歩時の補助アイテムとして、気化熱を利用して体温を下げてくれるクールウェアというものがあります。洋服のようにすっぽりと着るタイプや、ネクタイのように首に巻くだけの簡単なものもあります。


また先ほども触れましたが、アスファルトは大変熱いです。そこで肉球が火傷しないよう保護してくれる犬用のシューズもあります。


これらの補助アイテムはすべての犬が気に入って身に着けてくれるかは分かりませんが、一度試してみるのもオススメです。


暑そうに舌を出して呼吸している犬を見ると、つい可哀想で氷を与えたりする飼い主さんも居るかもしれませんがこれはオススメ出来ません。


老犬の場合はお腹を下してしまうケースがあるので、持ち歩くとしたら犬用の経口補水液が良いかと思います。


ちょっとした油断が命取りに

以上のように、ワンちゃんの熱中症対策は結構大変です。


屋内で飼っているとしても、カーテンを開けっぱなしで日光が当たっていたり、気温はそれほどでなくても水分が足りていなかったりして、ちょっと注意を欠いたために取り返しのつかないことになってしまうこともあるのです。


いろいろ気遣って手間もかかるし、電気代なども余分にかかってしまいますが、飼い主の不注意でずっと一緒に過ごしてきた愛犬が暑さに耐えきれずに亡くなってしまうような悲しい結末にならないように、早めの対策をしてあげて下さい。


また、普段からの栄養補給や体力作りなども影響があるので、日々の健康状態にもしっかりと注意を払ってあげて下さい。

詳細