犬の後ろ足の震えやしびれの原因は?

後ろ足がしっかりと動かせていない?

ダメ

年齢とともに犬も老化特有の様々な症状が出てくるようになりますが、その中の1つにうまく歩けないという症状があります。


特に多いのが「後ろ足だけ震えや痙攣」を発症しているためにうまく歩けていないというものです。


このような後ろ足だけうまく動かせない場合、単純に老化による筋力の衰えの場合もあれば、病気の場合も考えられるので、飼い主さんがしっかりと変化に気づいてあげることが大切です。


そのためにも、後ろ足がうまく使えなくなる原因として考えられることや、その対策としてできることを紹介していきたいと思います。


もっとも多いのが椎間板ヘルニア

犬の後ろ足に異常が現れる病気として代表的なものが椎間板ヘルニアでしょう。


人間にもある病気ですが、犬も種類によっては結構問題になることの多い症状でもあるので、もしも歩きにくそうにしている場合はヘルニアを疑ってみるといいでしょう。


それでは、よく聞く言葉だけど意外とよく知らないヘルニアについてどんな病気なのか理解しておきましょう。


椎間板ヘルニアって?

椎間板

どんなものなのかを簡単に言ってしまうと、背骨がスムーズに動くためのクッションの役割をしている椎間板と言われるものが、本来の位置から飛び出して神経を圧迫するために、痛みやしびれなどを伴う病気です。


人間と同様に犬も体を支えている背骨には小さな骨がたくさん合わさって構成されることによって、ある程度曲がったりすることができるような構造になっています。


背骨が曲がるためには骨同士が干渉しないためにもクッションの役割をするものが必要で、その役割をするのが椎間板なんです。


椎間板はゼリー状で運動によって背骨への衝撃を吸収する役割を持っていますが、何らかの衝撃などにより飛び出てしまうことがあるのです。


そのため、周辺の神経を刺激して、後ろ足の震えなどを引き起こしてしまうことがあるのです。


椎間板ヘルニアは大きく2種類のものがある

ダックスフンド

比較的短足な犬種(ダックスフンド・ウェルシュコーギー・シーズー・ビーグル・コッカースパニエル・ペキニーズなど)に起こりやすいものと、加齢により衝撃を吸収する役割をするはずの線維輪(せんいりん)と呼ばれる部分が神経を圧迫するという2つのタイプに分かれます。


前者のように胴が長く短足な犬は、どうしても背骨に負担がかかりやすい構造になっているため、比較的若いうちに発症することが多くあります。


後者の場合は老化によって衝撃を吸収するための線維輪などの水分が不足して、うまく機能しなくなることから発症してしまうのです。


初期症状としては、犬が運動を嫌がったり、突然階段を登れなくなったり、体を触られる事や飼い主の抱っこを痛がったりします


酷くなるとフラフラ歩いたり、後ろ足を引きずって前足だけで歩いたり、足に麻痺を起こし自分で思うように動けなくなってしまいます。


又、排尿障害や痛みを感じなくなる(神経の麻痺)など、重篤な状態になってしまいます。


そのため、犬が後ろ足をうまく使えなくなったときは、独自の判断をせずに早めに病院を受診しましょう。


発症を未然に防ぐためにできること

マットや絨毯

椎間板ヘルニアを防ぐためにできることは、本当にちょっとしたことなんですが、日々地道に実行していく必要があります。


まず1つ目が滑りにくい環境を作ってあげることです。


胴の長い犬種にしても、老犬にしてもフローリングの家ではカーペットを引き、急激な段差を作らないなど、家の中も工夫をして、背骨に負担がかからないようにしてあげることが大切です。


 ⇒参考記事:老犬の滑り止め | 肉球ケアとフローリングマットで対策


また、肥満であるほど背骨への負担が大きくなるので、日頃から食事の管理をしっかりと行うことが大切です。


特に老犬になると運動も満足にできないことが多いので、いったん太ってしまうとなかなか痩せるのが難しくなります。


そのため、早い段階から食事の管理をしてあげることが椎間板ヘルニアを未然に防ぐことにつながるのです。

後ろ足の筋力は弱くなりやすい

後ろ足

後ろ足がうまく使えなくなる原因としては当然筋力の低下が関係してくるのですが、犬は一般的に後ろ足から弱っていく傾向にあるのです。


なぜなら、四足歩行と言っても体重のかかる割合が前足に6〜7割で、後ろ足が3〜4割程度と言われるほど、前側に重心が傾いているのです。


犬のしぐさなどを見ていると、なんとなくお座りしている状態などから後ろに体重をかけているような印象がありますが、実は重い頭を支えている前足に重心が強くかかっているのです。


そのため、普通に生活していれば当然後ろ足から筋力が衰えていくわけです。


筋力低下によって足をうまく使えなくなっている場合は椎間板ヘルニアの場合と違って痛みを伴うわけじゃないので、ある程度の年齢で痛がるような様子がないのに後ろ足が原因で歩行困難である場合は筋力が低下している可能性が強いと思います。


元気な足腰を維持するために 獣医師が認めた犬用関節サプリメント


問題は歩きにくくなることだけじゃない

腹痛

犬は後ろ足をうまく使えなくなることで、当然早く走ったりすることができなくなりますが、問題はそれだけではありません。


排尿や排便時に力を入れる時に後ろ足で踏ん張りを効かせているため、排泄がうまく出来なくなってしまうのです。


便秘になると腸内環境が悪くなり、毛並みが悪くなったり体臭がきつくなったり免疫力が低下したりと、いろいろな問題につながってしまう可能性があるのです。


 ⇒参考記事:愛犬の免疫力アップに乳酸菌サプリがおすすめ!


犬用の介護オムツもありますが、どうしてもオムツでは用を足せないという子もいますし、できることならいつまでも自分でしたいと思うのは人間も犬も同じです。


そのためにも、しっかりと歩けるだけの筋力を維持できるように若いうちから配慮してあげることが大切なのです。


後ろ足の筋力低下を少しでも防いであげるために

散歩

後ろ足をうまく使えなくなってきた原因が椎間板ヘルニアのような病気の場合は病院で治療をするしかありません


しかし、筋力低下の場合は飼い主さんの努力で多少なりとも改善することができるため、どのような方法があるかを紹介しておきましょう。


まずは基本的なことですが、犬が苦痛を感じない程度に運動をさせることはとても大切です。


老犬になってからしっかりと歩けなくなってきたから無理に散歩に行くのはかわいそうと思うかもしれませんが、痛がるような感じでないならば様子を見ながらも習慣づけるために運動はさせるべきでしょう。


また、後ろ足への負荷を高めるために不安定なもの上に立たせたり、トランポリンなどを使って足場を不安定にし、平衡感覚鍛えることも後ろ足を鍛える事に効果的です。


筋力が落ちて引きこもりになると、益々老化は加速します。


少しでも長い間楽しい時間が過ごせるようにするためにも、犬の老後のことを考えてしっかりと健康に気を使ってあげるようにしてあげて下さい。


いつまでも元気な体でいてほしい 獣医師が認めた犬用関節サプリメント