老犬の栄養補給に牛乳はダメ?飲ませてはいけない理由は?

老犬に牛乳を飲ませる時は注意が必要

牛乳

愛犬にはできるだけ元気に長生きしてもらいたいですよね。


そのために、より栄養のある食品を食べさせてあげたいという飼い主さんの気持ちはよくわかります。


ただ、老犬になるとどうしても食が細くなってきますから、たくさん食べてほしくてもなかなか難しいのが実情です。


そこで、カルシウムやたんぱく質、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれていて、しかも老犬でも無理なく摂取できそうな牛乳をあげたらいいんじゃないかと思ったことはありませんか?


栄養素が豊富なだけでなく、免疫力をあげたり病原菌の感染を防いだりといった様々な健康効果も期待できます。


ほんのりと甘さのある牛乳は、甘いものが大好きな犬達も喜んで飲みます。


しかし犬に牛乳をあげるときには十分注意が必要なんです。


犬に牛乳を与えてはいけない理由

解説

人間でも牛乳を飲んだらお腹が痛くなるという人もいれば、大丈夫な人もいます。


犬も同じように大丈夫な子もいれば、下痢をしやすい子もいるのです。


腹痛の原因となるのは牛乳に含まれている乳糖(ラクトース)という成分です。


乳糖が入っているので牛乳は甘みを感じることができて美味しいのですが、この乳糖を体内で分解するには酵素の力が必要です。


その酵素は小腸に多く生存しているラクターゼというものです。


このラクターゼの数が多いほど、乳糖をしっかりと分解することができて下痢などを起こしにくいのです。


しかし、犬はもともとこのラクターゼが人間ほど多くありません


実際に私たちが普段飲んでいる牛乳には5..0%の乳糖が含まれているのに対して、犬乳の場合は3..0%程度しか乳糖が入っていません。


私たちも同じなのですが、生まれたばかりの頃は母乳に含まれる豊富な乳糖を分解できるように体内にラクターゼが豊富なのですが、大人になるにしたがってラクターゼが少なくなっていきます。


これは犬も同じで、生まれたばかりのころは犬乳に含まれる程度の乳糖は分解できるのですが、成犬になると分解できなくなってくるのです。


そのため、成犬になってから犬乳よりも乳糖の多い牛乳を飲むと下痢などを引き起こす可能性がとても高くなるのです。


もちろん乳糖をどの程度分解できるかは個体差があるので、うちの犬は全く問題ないという話も聞きますが、老犬の場合はちょっとした体調不良が寝たきりなど引き起こすのでできれば牛乳は避けた方がいいでしょう。


犬に与えるなら牛乳よりもヨーグルトの方が安心

ヨーグルト

でも、やっぱり食欲がなくて食べれないから牛乳のようなもので栄養を摂取させて上げたいという場合は、同じ乳製品でもヨーグルトなら問題ないこともあります


牛乳から作っているヨーグルトもお腹に良くないと考えてしまいがちですが、ヨーグルトは作られる過程で乳糖が乳酸菌によって分解されているため、牛乳よりもおなかにやさしいのです。


もちろんヨーグルトにも、良質なたんぱく質やカルシウム、ビタミン類といった栄養素が入っていますし、それに加えてヨーグルトには乳酸菌が豊富ですから善玉菌が増えて腸内の環境が整って免疫力の向上なども期待できるのです。


 ⇒参考記事:愛犬の免疫力アップに乳酸菌サプリがおすすめ!


また、腸内環境が整うと、毛並みや口臭、さらには便秘の改善も期待できるため、栄養素としてとても優れているのです。


ただし、乳製品そのものが受け付けられない犬や、牛乳でひどい下痢になる場合はヨーグルトもやめておいた方がいいでしょう。


また、ヨーグルトといってもなんでもいいわけでは無く、犬の身体に適したものを選ぶことが大切です。


スーパーでもたくさんの種類が売られていますが、大切なのは乳酸菌が生きたまま腸に届くということです。せっかく食べさせても、胃酸で菌が死んでしまっては困りますね。


選ぶときは生きたまま腸まで届く乳酸菌である「プロバイオティクス」と書かれたものを選ぶと良いでしょう。


乳酸菌

また、乳酸菌にも種類が沢山ありそれぞれに効果があります。


たとえば、ビフィズス菌は腸の働きを活発にしてくれるので便秘の改善に効果があり、1−55乳酸菌にはアトピーやアレルギーへの効果があります。


愛犬の身体にあったものを、探してあげると良いですね。また、ヨーグルトには砂糖が含まれているものもあるので注意してください。


基本的には肥満や虫歯予防のためにも砂糖の入っていないプレーンタイプを選びましょう。


大体の場合ヨーグルトなら大丈夫なことが多いですが、一度にたくさんあげずに少しずつ様子を見ながらあげて下さい。


また、乳酸菌は胃酸に弱い性質があるので、できるだけ胃酸が多いであろう空腹時は避けて、食後などに食べさせてあげる方がいいと思います。


いつまでも健康でいてもらうためにも、体にいいものはどんどん取り入れていきましょう。