老犬の嘔吐の原因と対策

老犬の嘔吐は病気の兆候?

疑問

最近は小型犬を中心に、基本的に室内飼いの犬が増えています。


このため、犬の寿命は全体的に伸びる傾向にあり、老犬の介護というこれまではあまりなかった問題に直面する飼い主が増えています。


年を取ると体のあちこちに不調が出てしまうのは、人間も犬も変わるところはありません。


足腰が衰えて運動能力が落ちてしまいますし、胃腸が衰えて食欲不振や嘔吐なども増えてくるでしょう。


特に、嘔吐については老化による衰え以外にも何か病気が潜んでいるのではないかと心配になってしまうものですよね。


嘔吐の中でもそれほど心配しなくてもいいものはどういうものなのか、即座に動物病院に連れて行かなければならないような嘔吐はどのようなものなのか、そのあたりについて参考にしていただければと思います。


犬の嘔吐の種類とそれぞれの特徴

嘔吐といっても、単純に食べ過ぎが原因であるような一時的なものから病気の可能性のあるものまでいろいろなものがあります。


大まかな目安として以下のようなケースを知っておくといいでしょう。


嘔吐と吐き出すことの違い

診察

まず知っておいてほしいのは、「嘔吐と吐き出しとは違う」ということです。吐き出しは食べ物が胃に入る前の段階に問題があるのに対し、嘔吐は胃腸に問題があるという違いがあります。


両者の見分け方としては、吐き出しは食べ物を前に飛ばすように出すのに対し、嘔吐は下を向いて出します


また、吐き出しの場合は口から出したものを再び食べようとしますが、嘔吐の場合はそうした行動はまずとらないという違いもあります。


私たちにも稀にあることですが、例えば野菜スティックのような長くて固いものを無理に飲み込もうとすると、喉のところで引っ掛かってしまって、体が勝手に吐き出そうとしますよね。


このように、ただうまく飲み込めなくて吐き出したようなものであれば問題はないですし、吐き出しの場合はほぼ消化されていないので、出したものを観察すればすぐに分かるでしょう。


様子見でもいい嘔吐の特徴

様子見

様子見でもいいケースとしては、1度吐いたきりで何度も繰り返さない場合です。


これは食べ過ぎの可能性が高いですし、そうでなくても老犬は胃腸が弱って吐きやすくなっていますので、当面は様子見でいいでしょう。


色がついていない、あるいは黄色い液体のみを吐くケースは、お腹の空き過ぎが原因の可能性が高いですので、これも様子見でいいでしょう。


嘔吐した後に食べ物を欲しがるぐらい元気があるケースも、様子見で十分です。


他に病気が潜んでいる可能性が低いからです。また、犬は胃腸の調子を整えるために、草を食べて吐くようなこともあります


このケースは明らかに「わざと吐いている」のですから、基本的に心配がいらないケースです。


病院を受診すべき嘔吐の特徴

病院

即座に医療機関を受診しなければならないのは、嘔吐物が赤っぽかったり、黒っぽかったりするケースです。


消化管で出血を起こしている可能性が高いためで、即座に動物病院に診てもらった方がいいでしょう。


出血のような色でなくても1日に何度も嘔吐を繰り返すような場合も、何らかの病気が潜んでいる可能性が高いので、獣医さんに診てもらうべきケースだといえるでしょう。


吐いたあとにぐったりしてしまうようなケースも、動物病院に駆け込んだ方がいいでしょう。


また、嘔吐物から糞便のような臭いがするようなときは、腸閉塞を起こしている可能性があります。


放っておくと命にかかわりますので、早急に獣医さんに診てもらう必要があるケースだといえます。

老犬が嘔吐した時の対処法

医者

では、老犬が嘔吐したときにはどのように対処すればいいのでしょうか。


まず、上記の「病院を受診すべき嘔吐の特徴」に当てはまるケースは、動物病院に連れて行く以外の選択肢はありません


急がないと命にかかわるケースもありますので、一刻も早く獣医さんに診てもらうべきです。


治療のプロでない飼い主としては、それ以外にできることはありません。


では、上記の「様子見でもいい嘔吐の特徴」に該当する場合は、もちろんしばらく様子を見るわけですが、食事についてはどうすればいいのか考えてしまいますよね。


老犬の場合は胃腸が弱っていることが原因であることも多いので、無理に食べさせてまた嘔吐しても体力を奪われるだけですからね。


通常、成犬の場合は嘔吐してから12時間は絶水、24時間は絶食が必要だとされています。


しかし、これは体力が十分にある若い犬の場合の対処法であって、老犬の場合は体力が落ちていますので、絶食によってかえって脱水などになってしまう可能性があるのです。


即座に食べ物を与えることは問題がありますが、水分は少量、食事はできるだけ消化のしやすいものをお湯でふやかしてあげたりして食べやすい状態で少し筒食べさせてみましょう


シニア犬でも食べやすい 水分も栄養もたっぷり含んだ人気のフード


もしも、しばらくの食べない期間があったら野菜スープなど消化の良いものから徐々に与えていくようにすればいいでしょう。


どうしても食べてくれなくて栄養が不足してしまうようなら、少量の食事に加えて老犬向けのサプリメントを使ってみてもいいと思います。


愛犬の老化を感じ始めたら7万頭以上が愛用している人気のサプリメント