老犬の肥満解消に適したダイエット方法

高齢になった愛犬の肥満をどうにかしてあげたい

肥満

老犬を飼っていると色々健康の為に気をつけることがたくさんありますよね。


特に気をつけたいのが老犬の肥満です。


小さい頃からずっと一緒にいるから可愛くて仕方がないという気持ちが強すぎて、おいしいものをたくさん上げすぎてしまうと、どうしても加齢とともに代謝も落ちてくるので太ってしまいます。


ある程度の年齢になると若い頃とは違って、骨や筋肉が衰えていくために、食事量を減らすという単純な選択もできなくなってきます。


そこで老犬にどのような方法で健康的に無理なくダイエットさせてあげれるかポイントをまとめてみました。


まずは、愛犬と末永く一緒にいるためにもダイエットが必要なんだと言うことを飼い主として認識することが大切です。


老犬のダイエットの必要性

関節痛

まず初めに、なぜ老犬にダイエットさせなければならないのかをしっかりと理解しましょう。


今さらダイエットなんてかわいそうという飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、肥満を解消して健康な身体にしてあげることが、愛犬の老後の生活をより充実させるためには必要なのです。


では、さっそく年老いてから犬が肥満であることのデメリットを挙げてみましょう。


まず一番よく言われる肥満の問題は関節炎や腰痛です。


関節炎はどの犬種にも起こるよくある問題ですが、特に中型犬以上の大きさのサイズの犬はかなりの確率で年齢があがるにつれかかってしまいます。


症状がゆっくりと現れるので分かりにくいですが、早い子は老犬になるちょっとまえから進行してしまいます。


関節炎とは関節内の軟骨になんらかの支障が出て関節の炎症が起こり、慢性的な痛みを伴います。


加齢・遺伝・外傷・運動不足等色々な原因がありますが肥満も関節炎の大きな原因です。


肥満犬の場合体重の負荷が必要以上に関節にかかってしまい関節炎を悪化させてしまいます。


またダックスフンドやコーギーといった胴体の長い犬種は特に腰痛に気をつけてあげましょう。


肥満になってしまうと胴体が沈んでしまい、それが長く続くとこによって腰痛を引き起こします。


このような症状が重くなってしまった老犬に長時間の運動は辛く痛いだけのものになってしまうので、適度な運動と共に食事療法で体重を落とさせてあげましょう。


また人間と同じで肥満は内臓への負担が大きく、心臓病・糖尿病・ガン等様々な病気を引き起こすこともありますので少しでも健康に長生きしてもらう為に肥満の老犬にダイエットはかかせません。


高齢犬に適したダイエットの方法

犬のダイエット方法は人間とあまり変わりません。


基本的には消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすことが必要になるわけです。


主なダイエット方法は、高カロリーのものを避ける、運動をする、低カロリーメニューに変えたるような食事の質の見直しがあります。


気を付けなければならないのは、年老いて筋肉や内臓も弱っていることをしっかりと考慮した方法を取り入れてあげるということです。


では実際にどのような方法でダイエットさせることができるかを見てみましょう。


人間の食べ物をあげない

人間の食べ物をあげない

愛情が深い方ほどやってしまうのが、人間の食べ物を挙げてしまうという行為です。


欲しがるからとか、うちの子は家族の一員だからといった理由で、飼い主さんが食べている物をおねだりされるとついついあげしまっていませんか?


人間の物はカロリーや栄養素が犬に適していない物が多く、味の濃いものを食べつけている犬はさらに食べ物を欲しがって肥満の原因になります。


与えないことが優しくないのではなく、犬への本当の愛情は健康を考えての行動だということを理解して下さい。


運動の習慣を持つ

運動の習慣

当たり前のことですが、消費カロリーを増やすためには運動をすることが欠かせません。


しかし、老犬でさらに肥満となると、運動させることで関節や背骨、腰への負担が大きくなってしまいます。


そのため、無理な運動はさせず、またフローリングの上などで遊ばせるのも滑って転んで骨折なんてことになりかねないので、芝生の上や土の上でかるく遊んであげましょう。


足腰が弱っていたり、すでに関節炎などによって歩くのをためらう場合には、川などで泳ぐことも良い運動になると思います。


泳がせても大丈夫な身体かどうか獣医さんに相談した上で、大丈夫そうなら暑い季節には水泳も良いでしょう。


ダイエット用、シニア用のドッグフード

シニア用ドッグフード

今まであげていたドッグフードがあなたの犬の年齢、犬種にあっているか見直してみましょう。


カロリーは少ないけれど栄養バランスの取れた高たんぱく低脂質のドッグフードを購入することを検討してみましょう。



市販されているドッグフードは種類がたくさんあるので一体どれが自分の犬に正しいのか分からない方は、かかりつけの獣医さんにぜひ聞いてみるのもいいでしょう。


もしも、低カロリーのフードを食べさせたり、カロリーを抑えるために食事量を減らした場合は、不足した栄養素をサプリメントで補ってあげるのもいいと思います。


7万頭以上が愛用している人気のサプリメント


あなたの愛犬が肥満になってしまった原因をしっかりと考慮した上で、それぞれの原因や健康状態にあった無理のないダイエットさせてあげてくださいね。