犬の体臭の原因と対策

しっかり洗ってあげても臭い・・

臭いが消えない

長い間犬を飼っている方でも、どうしても体臭が気になってしまうという方は多いと思います。


臭いは犬種によっても違いますし、同じ犬種でもやっぱり個体差や相性があります。


そのため、臭いが気になるからといって一生懸命シャンプーをしてあげても、臭いが完全に消えないこともあります


ただし、体臭が酷くなるときには免疫の低下や病気の可能性のもあるため、原因が何であるのかをしっかりと確認をしたり、自分で判断できなければお医者さんに診てもらった方が良いこともあります


そのため、どうしても犬は体臭があるのかという基本的なことから、よくある皮膚の病気の事例などを紹介しようと思います。


どうして犬特有の臭いがあるの?

犬の体臭

最初に断っておきますが、本記事で体臭として扱う範囲には、口臭や耳、肛門などの臭いは含みませんので、あくまでもそれ以外の特に臭いの原因になりそうにない皮膚からの臭いについて説明します。


ではまず、犬には特有の臭いがありますが、これは何が原因なのかご存知ですか?


これは、犬がかく汗に原因があるのです。


たまに勘違いをされている方がいて、犬は汗をかかないと思われていたりするのですが、実際には体温調節のために汗をかかないだけで、体全体に汗をかいています。


私たちが暑い時にかく汗というのは、エクリン腺と呼ばれる汗腺からでるもので臭いがほとんどありません。


ただし、ワキの下などは臭いが強いことはご存知だと思いますが、ワキや下腹部などにはアポクリン腺と呼ばれる臭いの強い汗を分泌する汗腺があります。


ワキガと呼ばれて体臭の原因として有名な病気は、このアポクリン腺が発達しているために臭いが強くなってしまうのです。


私たちの身体では一部にしかない臭いの原因となるアポクリン腺が、犬の場合は全身に分布しているのです。


そのため、人間に比べると、どうしても特有の体臭があるのは仕方がないことなのです。


ちなみに、犬は体温調節のためにかく汗のでどころであるエクリン腺については肉球にしかありませんので、体温調節は基本的に呼吸によって行っているのです。


そして、室内犬であっても定期的にシャンプーを必要とする理由は、全身にあるアポクリン線からでた汗には皮脂やタンパク質が含まれていて、これらが皮膚に常在する菌によって分解されると強い臭いを発するようになるからなんです。


これは人間も同じで、汗をかいてすぐにはそれほど臭いが無いのに、放置した洗濯物などの臭いが強くなるのは、時間の経過とともに汗の成分が細菌によって分解されて臭いの成分が作られるからなんです。


そのため、ワンちゃんに定期的にシャンプーなどをしてあげることは常に分泌している皮脂を落としてリセットしてあげるために最低限必要なエチケットなわけです。


ただし、いくらシャンプーをしてあげても次々と分泌してくるものであるため、元々持っている犬の臭いを消すことはできないのです。


以前よりも臭いが強いと感じる原因と対策

長い間愛犬と一緒にいると、定期的にシャンプーなどで清潔にしてあげているのに、体臭がきつくなってきたと感じることがあります。


そんな時は愛犬の体に何かしらの異常が起きている可能性もあるので、ただシャンプーの回数を増やしてあげるだけでなく、以下のような原因がないか考えてみましょう。


食生活が偏っている

偏った食事

さきほど説明したように、犬特有の臭いの原因はアポクリン線から出る汗に含まれている皮脂やタンパク質です。


そのため、当然ですが脂質の多い食事や高カロリーの食事ばかりを摂り続けていると、汗として分泌するものの中の皮脂などが多くなるため、臭いも強くなってしまいます。


特に、かわいいからといって自分と同じ食事を与えている方は脂質などが過剰になりがちなのでやめましょう。


体重の変化と同時に体臭に変化があるような場合には食生活を見直してみるといいでしょう。


愛犬の体調を第一に考えた定番フード

皮膚の病気にかかっている

皮膚の病気

皮膚には常在菌といものがいるとお話ししてきましたが、これらの菌も増えすぎると体にとっては害になります。


普段は身体の免疫力によってある一定の数に収まっている常在菌ですが、老犬になるほど当然免疫力が低下して来たりして常在菌が異常に繁殖してしまうことがあります。


そうなると、皮脂などを分解したときに生み出される成分も大量になり、それが皮膚を刺激して炎症を起こしてしまうことがあるのです。


一番多いのが膿皮症(のうひしょう)と言われるもので、赤い斑点やニキビのような細かいできものができて、かなり痒みがあるため掻き毟ったり、舐め続けて毛が抜けてしまったり、傷になったりして膿がでてきてしまうのです。


こうなると皮膚の臭いの原因となる菌が大量になるため、普段よりも体臭がかなりきつくなります。


愛犬の様子を見ていて、体の一部をどうも気にして舐めていたり、毛が薄くなる部分があってそのあたりの臭いが気になる場合はお医者さんに相談してみるといいでしょう。


ワンちゃんの皮膚トラブルをケア


腸内環境の悪化

お腹が痛い

これは人間にも当てはまることですが、基本的に必要な栄養素を腸から吸収して血液に取り込んで全身に運んでいますね。


そのため、私たちも餃子などの臭いのもとになる成分を含んだ食べ物を食べると、血液中に臭いの成分が取り込まれて、肺から呼気として排出されたり、汗として分泌するために、食べ物が口臭や体臭の原因になります。


しかし、特に臭いの強い食べてものでなくても、腸内の環境が悪くなっていると、便秘などを引き起こして、溜まった便が再吸収されて悪臭て体内を巡り、分泌される汗などが臭いうようになってしまうのです。


また腸内環境の悪化は免疫力の低下にもつながるため、先ほど言った皮膚の病気などにもかかりやすくなる可能性があるため注意が必要です。


腸内環境が悪くなると、体臭だけでなく便臭やおならにも強烈なにおいが現れます。


そのため、体臭に合わせて便やおならの臭いが強くなったようなら腸内環境を疑ってみるといいでしょう。


腸内環境の改善については人間同様に乳酸菌の入ったサプリメントがおすすめです。


⇒参考記事:愛犬の免疫力アップに乳酸菌サプリがおすすめ!


ワンちゃんようのものもあるので試してみるといいでしょう。


以上のように、体臭が悪化したといっても、元々ある臭いが強いのか、ある時から急に臭いが強くなったのか、また、体臭に併せてどのような症状の変化があったのかをしっかりと観察することで、単なる体臭から体調の変化や皮膚の病気など に気づいてあげることができるのです。


何となく体臭がきつくなってきたからシャンプーしよう!というだけじゃなく、色々な視点から観察してあげることが大切だと思います。


愛犬の老化を感じ始めたら7万頭以上が愛用している人気のサプリメント